トップページ

新着情報

■ 平成21年度古石場文化センター合同成果発表会スプリングステージに出演

  出演日 2010年3月14日(日) 
  場 所 江東区古石場文化センター 2階 大研修室
  演奏曲目
   第1部:アメリカ民謡
    @おおスザンナ:フォスター作曲
   第2部:映画音楽メドレー
    @青い山脈 A雨に唄えば Bゴッドファーザーの愛のテーマ C蒲田行進曲
    Dエーデルワイス(サウンド オブ ミュージック ETrio(マイ フェア レディー) F男はつらいよ 
    Gリンゴの歌 Hマイ ウェイ I君といつまでも
   第3部:外国歌曲
    @Largo:ヘンデル作曲
古石場文化センターの平成21年度合同成果発表会に出演しました。スプリングステージは、同センター主催の講座や、それをきっかけに自主活動しているグル−プ等がその成果をお客様に見ていただく年に一度の発表会です。わがパパス・コーラスもこの講座から7年前に誕生し、同センターを練習会場として活動しているので、いわばホームでのステージであり、団員一同、いやが上にも張切らざるを得ません。 午後3時にステージに登場した黒ずくめの男たち17名は、お客様の前で歌うのは5度目となる「おおスザンナ」に予想外?の手ごたえを感じて一気に歌い上げ、気分も高揚し、映画音楽メドレーでは、加山雄三から寅さんまでの幅広いジャンルをパフォ−マンスをも交えて歌い、たくさんの拍手を貰いました。最後の曲Largoでは男声コーラスらしくゆったりとした情感で仕上げ、持ち時間の30分をしっかりと歌い切りました。 往々にして、お客様を感動させる前に自ら感動することに夢中になる我われでしたが、立ち見のお客様もいらした会場から多くの暖かい拍手をいただき、お客さまと一体となった達成感に浸ることが出来ました。 終了後は、同じ先生たちの下で活動する自主サークル「懐かしの昭和歌謡」と「混声合唱団フリューゲル」メンバーも加わり3団体で打ち上げを開催、席上、いつもは辛口の批評をいただく先生から、お褒めの言葉をいただき、団員一同大いに感激して文字通り一夜の美酒に酔いしれました。 パパス・コーラスの年間活動もスプリングステージで一年を終えます。4月からは、22年度の新たなスタートとなり、新しい課題曲に挑戦します。いわば一年間の締めとしては満足のいくステージでしたが、まだまだ合唱団として発展途上にあり、より高い完成度を目指して練習に励み、来年の3月には、パパス・コーラスの更なる成長振りをお客様に見ていただきたいと念じています。 最後に、スプリングステージの運営に携われた古石場文化センター関係者の方々に対し、団員一同、心から御礼を申し上げます。

トップページ

★このWebサイトへのお問い合わせは メールでお送りください。

1